おせちに入れる料理にはそれぞれ意味がある

おせちに入れる料理の中身はどのくらいあるかご存知ですか。入れるものは地域によりさまざまですが、一般的には20種類から30種類ほどと言われています。

おせちの情報がてんこ盛りのサイトです。

ただしおせち料理は通常奇数で作られることが多いです。

というのも、日本では偶数は2で割りきれてしまう、つまり別れてしまうことから、奇数の方が縁起が良いとされているためです。


おせちの中に入れるそれぞれの品には意味がありますので、定番のものを紹介しましょう。まず、数の子はニシンの子どもですが卵の数が多く子孫繁栄を願う事から来ています。

田作りはかつてカタクチイワシを肥料にした田畑が豊作になったことから五穀豊穣を願うものです。

黒豆は厄除け(黒は魔除けの色であるといわれているため)の意などがあります。蒲鉾は、形が日の出に似ていることから新しい門出を象徴するとして使われます紅白の蒲鉾や松竹梅の絵柄が入ったものが使われますが、紅白蒲鉾は、赤には魔除けの意味が、白には清浄の意味があるといわれています。
そしてだて巻きは、形状が巻物に似ていることから知識が増えていくようにとの願いが込められています。



紅白なますは、水引きを現し、平安を願うものとして使われてきました。

きんとんは、黄金に例えられ、金運を運ぶと呼ばれ、たたきごぼうはごぼうが地中深くまで根を張る事から家の基礎が堅牢なことを願うためのものです。

お煮しめは、先々の見通しを良くするといわれるレンコン、芋をたくさんつけることで子孫繁栄の意を持つサトイモなどを加えることで末永い幸福を願う縁起物として使います。



昆布巻きはこんぶという読み方からよろこぶに通じるといわれ縁起物として使われ、海老はゆでたり焼いたりすると腰が曲がりますが、ここから腰が曲がるまでずっと長生きできますようにという長寿を願って食べられます。来年はそれぞれの意味をかみしめながらおせちは頂くと大変縁起が良いでしょう。