おせちとは?意味や種類、箸のマナーなど

おせちとは正月に食べる日本料理です。

古来は主婦が365日働いているのでこの時は、ご飯作りをお休みしてもらおうという意味があるのです。


その為、3が日を持たせるために塩が聞いた味付けになっているのです。
また、年越しの後に、新しい年の神をお迎えするための儀式でもありました。

安心、信頼のおせちの情報が欲しい方必見です

かつては、食事処に魚・野菜・お酒などを備えていたといいます。そのご飯を元旦は神棚から降ろして、神様のご飯を頂くことでご神徳を頂くことが目的だったといいます。
おせちの食材も、縁起物で揃います。


子宝に恵まれますようにという意味が込められた数の子や、寿と書いてあるかまぼこなど出来うる限り縁起の良い食材で埋まります。また、重箱にも意味があり縁起が良いいわれがあるのです。
おせちの重箱の数は1・3・5など縁起が良い数字であることが大事です。4は縁起が悪いため与と代わりに書きます。


中の内容も奇数で詰めるのが縁起が良いといわれています。

ですので、重箱は奇数で固められ、縁起の良い食材にあふれた新年を迎えるのに相応しい食べ物なのです。
重箱の段で食材を分けられています。

1の段は焼き物、二の段は海産物・三の段は煮物といった具合です。

それぞれ、縁起が良く味も濃いめにつけておき、新年に食されます。段によって定番の食材は決まっており、その食材をいかに美味しく仕上げるかが店の腕の見せ所といわれています。
箸は祝箸を使います。



最近は簡略化されていますが、実は同じお箸でお雑煮を食べてはだめです。



気をつけておきましょう。