全国でこんなに違うおせち料理

お正月のおせち料理。コンビニでもスーパーでも年末になれば手軽に購入できるようになり、全国どこでも同じようなものが食べられるようになりました。

定番の3品といえば、田作り、数の子、黒豆。
そのほかに、紅白かまぼこ、伊達巻き、栗きんとん、昆布巻き、酢の物、煮物などが中心ですね。


実はお雑煮が全国で様々な種類があるように、おせちも地域によって品目が異なるのをご存知でしたか?地域別のおせちの中身をご紹介します。
北海道では鮭の鼻先の軟骨を使った氷頭なますが食べられています。


東北の秋田では名産のハタハタが縁起の良い魚ということでお祝い料理として使われています。
東海の岐阜ではいわしが年取りの魚として、焼きいわしが入れられます。

関西は田作りではなくたたきごぼうが使われます。

おせちの珍しい情報をご紹介しています。

また、関東では甘いものを多く使うのに対して、関西では煮物などお醤油や出汁の味のきいたものが多く使われます。



中国地方の島根では新鮮なサメをお刺身にして食べています。

九州の長崎では大きくて縁起が良いということで、クジラを湯引きして食べる習慣があります。
沖縄ではおせちを作るという習慣がなく、お祝い料理としての三枚肉の煮付けやこんぶ料理などを親戚で集まって食べるようです。



おせちと一言で言っても地域によって様々なバリエーションのある季節の伝統料理。

今年はお母さんやおばあちゃんに、昔ながらのレシピを教えてもらいながら作ってみるのはいかがでしょうか。