ラッピングで配送車を広告にしましょう

by:

自動車関連自走式立体駐車場

配送車は一般的には決まったルートをいつも周っているものです。そのため、ある地域で人々の目に留まる事が多く、もしそこでの知名度を上げようとすればこれに優る広告媒体はありません。これは例えば他の広告と比べてみると分かるのですが、地域広告でよく行われる地方新聞やフリーペーパーなどは、まず読者でないと目にしませんし、読み飛ばされる確率も非常に高く実はそれほど効率的とはいえないでしょう。立て看板にしてもお店の前に出しているものなどがありますが、これなどもそこを通らないと目にすることはありません。

その点、配送車はあちこちを移動していますから多くの人の目に付くのです。ペイントが特徴的であれば誰でもふっと視界にはいってしまい、自然とイメージが頭にインプットされます。こうした効果を最大限に利用できるのがラッピングです。ラッピングはプリントしたシートを配送車に貼り付けるだけで出来る簡単な広告ですから、塗装と比べてもそのお手軽さが際立っています。

例えばキャンペーンなど期間限定の催し物を行う際には、手間もかかる塗装よりもラッピングが有効なのは間違いありません。不特定多数の人に見てもらう効果は前出のように大きいので、インパクトのあるデザインさえ作れればこれに優る広告媒体はないでしょう。しかも他の広告に比べても配送車自体が自前で、そもそもラッピングしていなくても走らせている事を考えると非常に安価な手段といえます。ラッピング配送車を使わないのはもったいないです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です