営業車両のラッピングにかかる費用の相場は

営業車両は企業の従業員が乗るための車両で、様々な営業を行う移動手段として活用されています。最近はカラフルにラッピングされた車両も街中で走行され、広告塔としての役割を担うことがあります。企業名などが書かれていることで、企業の宣伝としても利用することが可能で、人目に晒すことができれば看板代わりにもなります。地域に暮らす消費者の方にも身近に感じられる存在のため、企業のイメージをアップさせることが可能です。

もっとも営業車両をラッピングする場合には、部分的に行うか全体的に行うかの違いが存在します。しかもデザインに関しても自分でデザインをしたもの、人に依頼して制作してもらうものを利用するかの違いもあります。もっとも単にロゴマークを印刷か、車両の全体的に施工するか、フルにするかどうかの違いなども見られます。営業車両は近年は荷物を積みにしたり、工具や資材などの運搬を行う現場作業以外ならコンパクトカーを利用することが多いです。

そのためコンパクトカーのラッピングをフルに施工した場合の費用の目安には、素材に対するプリントを行う代金が約30万、それをボディなどに貼りつける施工代に約20万となります。つまりトータルして50万円程度の費用がかかるとされております。実際にはフルで施工を行うよりは、ロゴマークや社名などのシンプルな形で部分ラッピングを営業車に施すことが多かったりします。その場合でもシール素材の種類によって相違することもありますが、1m×1mの範囲であれば1万円ほどとなるのが相場でよく利用されることも多いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です