営業車両をラッピングすれば商用利用が出来る

by:

立体駐車場自動車関連

街角でカラフルな模様の車を見かけたことはありませんか。お菓子のブランド名が書かれていたり、テーマパークのオリジナルキャラクターなど多種多様なものがありますがこれらは「ラッピングカー」と呼ばれる営業車両になります。日本では1990年頃から普及をし出しましたが、アメリカでは1980年頃から営業車両の目的に合わせたペイントが施されてどんな目的の車なのかを一目で把握できるようにしていました。ラッピングカーは一見すると自己主張の強さを表しているようですが、描かれている模様を見れば一目でどんな職種の人が運転しており、何を目的にしているのかを道行く人が知ることが出来る便利なものです。

それはパトカーにも当てはまることであり、白と黒のラインが入っているからパトカーだと誰もが理解できることと酷似しているといえるでしょう。最近では営業車両だけでなく、個人車両を好みのアニメキャラクターでラッピングされている方もいらっしゃり多種多様な使われ方がされています。会社の営業車両だと、ラッピングすることで商用利用をおこなう事も可能です。例えば、会社の名前と注目して欲しい製品名と写真を車両に描いて得意先巡りをしているだけで、車に出会った人々の目に自然と留まります。

営業車両の場合は、常に日中は外回りをしていることも多く業務のついでに会社をアピールするのに絶好のアイテムというわけです。現在では車体に直接ペイントをするのではなく、フィルムを張り付けるだけなので不要になった時はすぐに元に戻すことも可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です