自動車は揺れを感じさせない運転を心がけよう

自動車を運転するうえで他人を乗せることはよくあることです。タクシードライバーやバス運転手の方などはもちろんですが、一般の方でも友人などを乗せたりはしますよね。そういった時に同乗者を不快にさせない運転を心がけましょう。同乗者に車酔いする方がいたらなおさらです。

車酔いは主に揺れが原因になりますからね。同乗者がいるのにスピードを出したり、急加速、急ブレーキ、急ハンドル。同乗者に見せつけたいという気持ちは分かりますが殆どの場合、逆に下手、深いと思われがちです。そして何よりそういった運転は危険で事故の元になるので絶対にやめましょう。

日頃からも揺れを感じさせない運転をしていれば、運転がうまくなります。そして事故の予防にもなります。自動車を運転する際に揺れを感じさせないようにするには、急加速、急ブレーキはもちろん厳禁です。そして急ハンドルも厳禁ですね。

MT車であれば、シフトの際に発生するカーノッキングにも気をつけたいところです。できれば慣性のコントロールも行いたいところです。ブレーキを急に踏んだり、踏み足したりすると、体が前方に引っ張られます。また、信号などで車を静止させる際にブレーキを踏んだままだと、車が静止した際に体が後方に引っ張られますよね。

車が静止する前にブレーキを抜けば、揺れを感じさせずに止まることができます。そういった慣性の変化にも気をつけて運転すると、自ずと車間も開きますし、自動車にも環境にも優しいですよ。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です