自動車の運転で気をつけること

日本人の多くは自動車免許証をもっています。すぐに使うかどうかは別としてほとんどの人は、高校卒業もしくは夏休みや冬休みを利用して教習所に通い取得します。それほど私たちの生活と自動車免許証は密接に関係しています。では、自動車の運転で気をつけるべきことはどんなことでしょうか。

まずは安全に気をつけることです。これは運転の基本ですが、信号は必ず守りましょう。大きな交差点があるところや、交通量の多いところではほとんどの人はきちんと信号を守って走行します。しかし、信号機はあるものの、ほとんど車が通らないところや、夜間の点滅信号また道路工事の時に行われる交通整理のための信号などは無視する人がときどきいます。

しかし、そういう時に気を抜くなら事故につながりかねません。自分が被害にあうだけではなく、他の車を巻き込んでしまうことがあります。気の緩みから大惨事につながることもありますので、どんな時でも信号は必ず守りましょう。さらに、安全運転に欠かせないことは、スピードの出し過ぎに注意することです。

普段は安全運転をしている人でも、急いでいる時にはついついスピードを出してしまうことがあります。しかし、スピードの出し過ぎは大変危険です。スピードが出ているなら、子供が飛び出してきても急に止まることができませんし、雨の日などはスリップする危険があるからです。ぜひ、自動車を運転する際には安全に気をつけて走行しましょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です