自動車の日頃のメンテナンス

自動車は今や生活に欠かすことができない交通手段となっています。しかし、日頃からきちんとメンテナンスを行っていなければ、自動車が故障ししたり、思わぬ事故に遭ってしまうということも考えられます。ではどのようなメンテナンスを普段から行うことができるのでしょうか。その一つは、オイル交換です。

オイル交換は自動車のエンジンを長持ちさせる上で非常に重要な役割を果たします。オイル交換はどれくらいの間隔で行うことが必要なのでしょうか。一般にガソリン車の場合5000キロ走ったならば交換した方が良いと言われています。また、ディーゼル車の場合には3000キロ良いと言われています。

ですが最近の車は性能が良く、説明書を見てみると10000km~15000キロに一度交換してくださいと書かれています。ですから、頻繁に渋滞する道路を走ったり、無茶な走り方をしない限りは5000km以上であったとしても問題はないと言えます。しかし、オイル交換の必要の有無を考慮するのは距離数だけではありません。交換してからどれ程経ったかということも考える必要があります。

オイルは空気に触れますと酸化し劣化していきます。ですから、オイル交換をして半年になるならば、たとえ距離数が伸びていない場合でも交換した方が良いといえます。オイル交換はディーラーや整備工場で行うこともできますし、ガソリンスタンドでもやってくれます。また、ホームセンターで交換のサービスもしてるところもあります。

また自分で行うということもできるでしょう。必要な道具さえそろっていれば簡単に行うことができます。インターネットで検索するならばその方法が出ています。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です