MTの自動車の上手いシフトチェンジの仕方

ATが主流となった今でもMTの自動車を運転する方はいると思います。同乗者がいる場合はできるだけ乗り心地は良くしたいところです。MT車でシフトチェンジする際はどうしても自動車が前後に揺れてしまいがちです。シフトチェンジをする際にアクセルを離し、クラッチを切り、シフトチェンジして、クラッチを繋ぐ。

このように加速状態から減速状態になり、再度加速状態になるので車体が揺れてしまうのです。ギアをつないでいる以上、MT車ではエンジンブレーキがかかってしまいます。車体を揺らさないようにするには、できるだけシフトチェンジ前は速度を一定にしておく必要があります。そしてクラッチを切り、シフトチェンジをします。

クラッチを切っている間もエンジンブレーキがかかっているほどではありませんが、少しずつ減速します。できるだけシフトチェンジは速く済ませたいところです。シフトチェンジを行う際、クラッチを長く踏んでいる方が非常に多いです。クラッチを踏んでいる間はエンジンブレーキが掛かりませんので、ある意味危険な状態です。

素早くシフトを行う必要がありますが、毎度急いでシフト操作をするのも疲れてしまいます。しかし、急がずともある程度素早くシフト操作をすることは可能です。多くの方はクラッチを踏んでから、シフトチェンジするかたが多いですが、ここで時間短縮ができます。実はアクセルを離した状態であれば、シフトレバーは簡単にNになります。

なので、アクセルを抜いてNにしつつ、クラッチを踏みながら、ギアを入れることで時間を短縮できます。クラッチを奥まで踏み込み続ける必要はありませんし、シフトレバーも止まることなく次のギアへ入れることができます。慣れると急がずとも一瞬でシフトチェンジをすることができるようになります。MTの自動車に乗っている方はぜひ試してみてください。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です