将来の自動車の可能性

将来の自動車の可能性というのは無限に広がっているといえます。どんな自動車が出てくるのか予想ができないといってもいいぐらいです。今はまさに自動車の激変期にあるといえます。それはハードでもソフトでもです。

ハード面ではなんといっても電気自動車の登場がおおきなものです。エンジンがモータになったことで、車は劇的に変わりました。部品は少なくなり、構造もシンプルとなりました。これによって車はかなり軽量化がかのうとなり、レイアウトの自由度といったものも飛躍的にあがりました。

モーターは小型化も容易で、モーターをタイヤの中に入れたりも可能です。そうなると、車の形といったものは自由にデザインするとが出来ます。将来的には今の人が想像もできなかったような形の車が登場することになりそうです。そらには、モーターになったことで軽量化も進めることが出来、車本体の材料も変えることが出来ます。

今までの車は重たいエンジンを守るため鋼が使われてきましたが、モーターになればカーボンなどの軽い材料を選ぶことも可能です。まさにプラモデルのような材料で車を作ることが出来るようにもなるのです。そうなると、車全体の重さといったものも今よりも格段に、軽くなっていくので安全性といったものも飛躍的に上がっていきます。そうなると、車と人がぶつかった時に車の方が曲がるといったようなものが出てくる可能性もあるかもしれません。

ソフト面では自動運転といったものが登場して、ほとんど運転しなくてする車がでてくるかもしれません。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です