自動車レースの現在と未来

自動車は、ガソリンや軽油を燃料とするレシプロエンジンから電気モーターによるアシストを併用するハイブリッド自動車を経て、完全に電気や水素などの代替エネルギーによる動力車両への過渡期に来ています。自動車競技においても、トップカテゴリーのF1においても、1600CCシングルターボチャージャーに熱エネルギー回生システムMGUーHが導入されています。KERSに比べて熱エネルギー回生量も増え、MGUーHとしての出力も倍となっています。FIAが統括する世界耐久選手権WECにおいても、トヨタやポルシェ、アウディがハイブリッド車両で参戦しており、アウディにおいては日本ではあまり馴染みの無いディーゼルエンジンのハイブリッド車両で参戦しています。

F1ファンの減少問題や電気自動車の普及を目的として、FIAは騒音や自然環境に優しい電気自動車の利点を活かして、観客を集め易い世界の有名リゾート地や大都市をサーキットとしてWECを開催しています。現在のWECは、搭載バッテリーの容量の関係で2台のレース車両をレース中に乗り替える形で行われていますが、来年よりピットで乗り替える事無く急速充電を行う予定になっており、ゆくゆくはサーキットにレース用の電気ラインと充電用ラインを設置し、走行しながらとピットで充電が出来る様にする構想がたてられています。又、現在は、フランスのルノー製のワンメイクレースですが、来シーズンからは数社のメーカーの参戦が予定されており、今シーズンよりも注目を集めています。24時間のレンタカーのことならこちら

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です