自動車任意保険の補償内容

自動車の保険には、強制的に加入が義務付けられている自賠責保険と任意に加入する任意保険の2種類がありますが、自賠責保険だけでは大きな人身事故を起こした場合、すべての補償を自賠責保険では賄いきれないので、任意保険にも加入するのが一般的です。任意保険に加入する場合は、補償内容をどのようにするかを決めなければなりません。自動車保険の基本は、人身保険と対物保険になります。補償額を決めることができますが、どちらも無制限に加入するのが一般的です。

人身死亡事故を起こしてしまった場合は、高額な賠償をしなければならなくなりますが、対物の場合もたとえばお店に自動車を突っ込んでしまったような場合は、建物に対する補償だけでなく、営業損失分も補償しなければなりませんので、非常に高額な賠償額となってしまうことが多いのです。また、自分のクルマに対する保険である車両保険に加入するかどうかは悩む人が多いようです。車両保険に加入することで1万円以上は保険料が高額になってしまうからです。一般に新車から5年くらいまでは万一の時のために車両保険に加入したほうがメリットが大きいと言われますが、年式が古いクルマになってくると、残存価値が大きく下がってくるので、それに合わせて補償額も少なくなっていきます。

つまり、修理代が全額出るわけではなく、それぞれのクルマに設定されている残存価値に応じた額だけが補償されるのです。そのために10年以上経過したクルマには車両保険をかけない方も少なくありません。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です