自動車の誕生について

今では交通手段として当たり前になった自動車ですが、自動車が誕生したのはいつのことなのでしょうか。それは今から250年以上昔のことです。日本でいうならば、江戸時代の中期です。その時代にすでに自動車の原型が作られていたというのは不思議な感じがします。

それを発明した人はニコラジョセフキュニョーという人でフランス人です。その時に発明されたのは蒸気で走るというエンジンでした。しかし、最初に作られた車の目的は人を乗せるためではありませんでした。開発した目的は、大砲の運搬にありました。

戦争や戦争の訓練のために軍隊が大砲移動する際、便利な道具ということで開発されました。しかもタイヤは二輪でした。スピードは10キロにもならなかったといわれています。ガソリン車が誕生したのは、今から100年ほど昔のことです。

その当時すでに蒸気自動車とそして電気自動車も走っていました。ガソリン車よりも電気を使用した車のほうが先に開発されていたということを知らない人も多いことでしょう。ガソリン車の元祖はドイツのダイムラーが作った4ストロークエンジンになります。最初木製の二輪車に、このエンジンを搭載して走ることに成功し、そのすぐ後に四輪車も開発しています。

そして時を同じくして、ドイツ人のベンツがガソリン車の三輪車を開発させることに成功し販売することにこぎつけました。このようにガソリン車の元祖はドイツのダイムラーとベンツといえます。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です