未来の自動車の安全性能

未来の自動車の安全性能というのは、今とは比較にならないぐらいに良くなっている可能性があります。それは搭乗者に対する安全性といったものもありますが、歩行者などの外部に対する安全性といったものもです。何故かというと、電気自動車の登場によってエンジンがモーターになったことがおおきな要因です。車の車体というと鋼やアルミ合金といった重金属をイメージしますが、これは重いエンジンを載せているからです。

これが電気自動車ではモーターになりますから、そのような重金属でなくてもよくなる可能性があるのです。F1などのレースではカーボンという軽くてもろい材料車体の材料として、使われています。このようなものが、未来の車には閊える可能性が高くなってくるのです。そうなると、安全性といったものは格段に良くなっていきます。

車の衝突のエネルギーというのは重さと速さによって変わってくるものですから、重さが軽くなれば安全性は飛躍的に高くなるのです。F1レースでは高速でレースを行っているのですが、その安全性というのはかなり高いものになっています。その理由の一つはこの車体の材質といったものにあるのです。この技術がどんどんと進んでいくとともに、材料の低価格化が進んでいけば、未来の車というのは今よりはるかに高い安全性を誇るものになっているかもしれません。

自動車が何かにぶつかっても壊れるのは車の車体のほうということになれば、人の安全性は高まるのです。24時間のレンタカーのことならこちら

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です